あなたのブラウザはJavaScriptが利用できません
工企画

 

 
GALLERY 工【こう】は、
新高円寺のスペースを閉じ、
工企画として
企画展やイベントを続けます。
 
これからも、
どうぞ宜しくお願いいたします。

GALLERY工はケヤキの木がロゴマークです。
GALLERY工はケヤキの木がロゴマークです。

有限会社工企画
(旧ギャラリー工+with)
東京都杉並区梅里
1-8-8-301
03-3313-5065
info@ga-kou.com

1-8-8,Umesato,Suginami-ku,
Tokyo JAPAN
(+81) 3 3313 5065

KOUKIKAKU is a planning company. Exhibitions, music concerts, rakugo etc. We propose to incorporate "creativity" into our everyday lives.
 

 
ここをクリックするとページが最新になります。
 
Click here, the top page will switch to the latest one.
 

 
落語会
Rakugo


梅里一八八Come On In 落語会

第9回

出演:立川こはる

梅里一八八Come On In 落語会

大きな写真は画像をクリック。

2021年11月21日(日)
開場14時半、開演15時

木戸2500円(税込)

会場住所:杉並区梅里1-8-8-101(元ギャラリー工)

お問合せ:
info@ga-kou.com

電話:080-5672-4464(ハマダ)

グーグルマップ
https://goo.gl/maps/bWRsxqBtSx3X7WyLA

※定員18名(感染防止対策の都合、御予約の上、お出かけください。)


※店立てを喰らった時は、適宜会場変更となりますが、その際にはメールそのほかで御連絡いたします。
※定員18名(感染防止対策の都合、御予約の上、お出かけください。)
※今後の感染の状況によっては、定員人数や内容、会期延期等の変更があるかもしれません。ご了承ください。
※協力:北澤建築設計事務所


 
第10回カモニン落語会は12月、春風亭昇羊さんがゲストに決まっております。10月に入ったら詳しくお知らせいたします。


また11月4日(木)~7日(日)、11月11日(木)~14日(日)の会期には、陶芸作家の宇多田理恵さんの個展をトバリエギャラリーにて予定しております。第五波退散・祈願!!
 アマビエ

 
カモニン落語会 カモニン落語会も第10回を企画中。これまでの開催の履歴を別ページに纏めました。

続きを読む


 
それにしても、2021年は2020年以上に展覧会のほとんど出来ない年でした。毎年開催されていた「タイからのおくりもの」展は、タイから作家さんが帰ってこられず。また「with展」もグループ展ということで、今年の12月の予定を延期とさせて頂きました。悔しいです。

これまでに開催した展覧会・イベントのページへ



 
Shop
ウェブショップ


はじめいくこショップ
作家が自身でウェブショップを開いたり、個展やグループ展で発表されたりの活動を尊重しながら、工企画らしいセレクトウェブショップをのんびり開いています。

「はじめいくこショップ」へ
 


 
Shop
ワッペン販売します。


川は呼んでいる WAZAO & freshwater fish
このワッペンは「川は呼んでいる WAZAO & freshwater fish」という2019年に開催した企画展で制作したものです。本山賢司さんのデザイン画を、老舗80余年の刺繍製造元、関源さんにお願いし、職人さんに仕上げていただきました。

その際、型作りからミシン刺繍までの制作費はクラウドファンディングでサポート頂きましたので、手元にあるワッペンを引き続き販売し、その売上を義援金や支援金、作家へのデザイン代にしたいと考えました。


川は呼んでいる WAZAO & freshwater fish
「釣り好きだった叔父たちの自慢の「和竿」を次世代へ。川と淡水魚の魅力を展覧会で伝えたい。ナチュラルライフのプロ、本山賢司(イラストレーターで画家、作家)のアートとの融合による和の伝統技と、自然への讃歌プロジェクト」

これが企画展を開催したときの趣旨でしたので、その企画からぶれない様にと考えております。

川は呼んでいる WAZAO & freshwater fish
川は呼んでいる WAZAO & freshwater fish
一度は「社会福祉法人 岡山県共同募金会」という所に寄付させて頂きました。そのとき寄付先に選んだ理由は、釣り人になった叔父たちの原点である、戦時下に疎開した岡山。当時の少年たちが釣りを楽しんだ岡山の溜池。展覧会の直後に起きた、平成30年豪雨岡山県災害。これらの事実を知ったことでした。

今は、熱海の土砂災害への義援金を検討しておりますが、ゆっくり販売していくことになってしまうと思いますので、適宜検討していきたいと 思います。何卒宜しくお願い致します。

カートが表示されない場合、販売ページをご覧ください。